2005年03月23日

吉野朔実

では、まずこの人から。
なんでこの人かというと……確か昨日読んだ最初のマンガがこの人のだったから。
それだけで好きな順などではまったくない。
吉野作品は私は「恋愛的瞬間」(マーガレット)が初だった。
あれはおもしろい。恋愛心理学なんていう分野、本当にあるんだろうか。
あるなら今から大学受験しちゃうかもというくらい興味がある。
その後、「ぼくだけが知っている」(マーガレット)を読んですっかりはまった。
この人、心理学を扱わなくてもきっと人間の心理をズバっと切る作品を描くんだろうなぁ、と。
まさに萌えどころは「心」……すごい。

で、昨日読んだのは「記憶の技法」と「透明人間の失踪」(両方ともフラワー)。
「ぼくだけ」の後、確かこの作家さんは連載を持ってないはず。
何か映画評論とかも始めて活動範囲を広げたらしい。
ぽちぽちと短編を描くぐらいになって、その初期の「グールドを聴きながら」は傑作。
「記憶の技法」は2002年だからそう前でもない。
短編作家になってまあまあ安定してきた頃ということになるだろうか。
が、これは長編だったりする……。
でも章で区切っているから感覚は短編に近いかも。
子どもの頃の記憶がどうもあやしい。
普段の意識というか感覚が何かあやしい。
戸籍がいよいよあやしい。
じゃあ調べに行くか、という展開の、いわゆる「自分さがし」もの。

……あ、危ないとこだった。
このブログ、ネタバレを微妙に含みますので、ご注意ください。

えーと……。
ま、そういうわけで主人公の華蓮(かれん)が幼い頃の記憶を取り戻すことでストーリーは終わるわけだが、その「記憶を取り戻す」くだりが逸品。
「子供のころの 自分がどんな顔だったのか どんな姿形だったのか
情報がないので わたし自身は 記憶の中でも 17歳(いま)のままだ」
という理由から、イラスト上でも5歳の自分を17歳の姿で動かしている。
こういう発想はどこから来るんだ……。
で、「ここでか!」というところで子どもの姿になる……ことに今回読んで初めて気づいたよ。
うーん。やられた。
ぐっと来るのはやっぱりラスト。
「この人もまた ずっと孤児だったのだ
そして今もまだ 帰る場所の記憶がないのだ」
……うぉぉおん! こいつ(怜/さとい)の今後はどうなるんだー!!

と、気になるなら「透明人間の失踪」を読むべし。
こちらは短編集だけど収録作品の1つ「霜柱の森」は怜が主人公。
ただし「今後」じゃなくて「過去」の話。
「記憶の技法」でちらっと語られていた彼の過去がわかる。
しっかし「記憶」ではボロクソだった兄貴が意外にもこっちじゃいい奴なんだよな……。
やっぱりメタクソだった父親もこっちではかなりまともな人間。
おかしいのは母親。どっかで見たタイプだ(うんうん)。
この短編集には6つの作品が収録されているが、表題作より、「女子高生殺人日記」のほうが……怖さでは上。
実際に殺す人もそりゃ怖いけど、殺すことばっか考えてる人もかなりのもん。
わずか8ページの超短編「恋愛家族」は笑える。
案外、心理サスペンスよりこういう軽妙な作風の方がこの人の濃さが出るのかも。

あまり読み返さないけどそれだけに余韻を残す作家さん。
……あれ? 「恋愛的瞬間」の最終巻はどこ行った……。
あのラスト好きなのに…(涙)。

at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ 

よろしくお願いします。

ついにブログデビューです。
……なんだかありえないような気がするのですが……。
ちょっと前までブログをログと思い込んでいた人間にしちゃ大それてます。
こうして人間は新しい地平を見るのですね。

さて、こちらはマンガの感想メインで行くつもりです。
というか、それ以外はなるべく書かないようにしていきたいです。
何故このような手に出たのかといいますと……。
以前、私の本サイトてんとーふにはマンガのコンテンツがさりげにありました。
半年ぐらいの命でしたが、あるにはありました。
が、よく考えれば私はあまりリアルタイムのマンガは読まないし……新刊を買っても昔から愛読してるマンガの15巻とかだったりで、あまりはかばかしくないような気がしたのです。
それならない方がいいような気もして消したのですが、その際、ごくごく一部の方から「復活を」とのお声をいただきました。
ありがとうございました。嬉しかったです。
それからも色々と考えはしたのですが……名ゼリフ集とか、いっそマニアックにバレエマンガだけのコンテンツとか(ほんとディープだよそれ)。
でもなんだかんだと、要するにめんどくさか……いえ、その時その場にあるコンテンツだけであっぷあっぷで、それにあそこにマンガのコンテンツを入れるとバランスがおかしい気もして、結局は実行には至りませんでした。
まあ、心のどこかでは、これ以上ヲタクっぷりをさらすのも恥。というのもあったんです……正直なとこ。
でもあれだけ好きなものばっかり語っているサイトで、わけても好きなマンガのコンテンツがないというのも、奇妙な話ではありました。
ヲタク宣言なんて今さらという気もしてきましたし(開き直りか)。

で、最近のことですが、本サイトをご覧いただいている方にはご周知の通り、パソコンの故障に伴い、あちらは更新を停止しております。
あんなしょぼいサイトでも毎日やっていることがなくなるとヒマになるものです。
その空いた時間をマンガ読みやサイトめぐりに費やしているうちに、
「マンガの感想だけのブログを作れ」
という夢を見てしまいました。
こうなったらやらずにいられましょうか。
決心したらあとは行動あるのみ。
どこのブログにするか迷いましたが、こちらが雰囲気が好みだったので決定。
開始に至ります。

というわけで、今後はどうぞこちらもよろしくお願いいたします。

と、ここまではごあいさつですので、敬語を使わせていただきましたが、以後は思いっきり素でいかせていただきます。
本サイトの日記と同じ要領です。
……そういや、なんであっちの映画や本のレビューは敬語なんだろうな……。
あ、もちろんコメントをいただいた場合は、よほど近しい方でもない限り、敬語で返させていただきますので、どうぞご安心を。
コメント……お待ちしております。
ツッコミがないとさみしいのでしょうね……。
やばい、緊張してきました。
心拍数もあがってきたようなので換気してますが、さ、寒いよ……。
加えて何分にも機械オンチなのでちゃんとやっていけるかかなり不安です。
実はこれも2度めの書き込みだったりします……そっさく消しちゃったよバカ。
とにかく、が、がんばります。
よろしくお願いいたします。

at 22:21|PermalinkComments(6)TrackBack(0)敬語タイム