2010年10月19日

もう何も怖くない、怖くはない

まだまだガンダムについて書くぞ!
映画のおかげで更に萌え上がっているのだ。劇場版で00が終わったなんていう実感すらない。
書き足りないのだ。あれもこれも語りたい!
これほどの萌えは久しぶりだなぁ。
明日もまた映画館に繰り出すつもりだし。

で、劇場版の泣きどころが分かって来たと思う。
確かに所見の時も、泣きはしなかったけど、
「なんて素晴らしいタイミング……!」
と心打たれた記憶はある。


石川智晶「もう何も怖くない、怖くはない」

blogmounanimo

この挿入歌の効果は絶大だった。
石川智晶といえば、TV版二期の前期ED「Prototype」も素晴らしかった。
が、映画でのこれの流れ方は、もう、言葉にならない。
戦場の場面なのに、優しい光であふれているというか。包まれるというか。
このアーティストさんの歌声、とても好きだ。

このCDは昨日購入したばかりなのだが、まず思ったこと。

何故ジャケットが刹那……?
そこはアンドレイでしょうが!!

 続きを読む

drecom_neverworld at 21:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ガンダム00 

2010年10月15日

マンガの軌跡

blogfanta

少し前のことになる。
午後の紅茶のボトルリニューアルで、2本購入でグラス1つプレゼント、というのがあった。
おまけは何でも嬉しい私はいそいそとグラスを貰って来た。それは良いとして、意外と高さがあって倒さないか心配だ。
なので、ファンタグレープ専用にすることにした。
だ、だってほら、かわいい絵柄は赤いしね?
ほどよくウェスト部分が細いし。フェアリーサイズってこれくらいなんじゃないかなぁとかさ、そんなこと思ったりもしないけど。
午後ティーの景品なのにファンタはないだろうとか言っちゃダメだからね。
偶然、青く移った光がヴェーダみたいだとかこれが緑ならGN粒子だとか、妄想しすぎだからね!
コースターが絶望先生なのはちょっと仕組んだけど。

さて、そんな勢いでまだまだ00について語りたい!
が、少女マンガもネタが尽きない。
バランスよく両立させたいなー、ということで、今回はとりあえず、更新していない間に主に読んでいたマンガをざっとリストアップしていくことにする。
詳しい感想などは、また今度。00に挟まれ阻まれつつ、きっと。

 続きを読む

drecom_neverworld at 21:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)マンガ雑談 

2010年10月13日

劇場版ガンダム00 感想(その2)

一昨日の10月12日、3回目の鑑賞に突撃して来た。
3回目だからか、泣き所が把握できたからか、今回は涙が自然ににじんだ。
観る度に新たな感情や疑問や、胸を打つ場面に出会える。得がたい作品だと思う。

では、そろそろ感想を。
とは言っても、相変わらず理解の全く及んでいない、誤解ばかりの内容になるだろうけれど、それはこの作品の核とリンクするはず!……だといいな。

 続きを読む

drecom_neverworld at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ガンダム00