2009年03月29日

ガンダム00 セカンドシーズン 第25話 感想

みなさん、お疲れ様。
そして、おめでとう!





コーラ! おめでとう! おめでとう!
生きていてくれてよかった。
大好きなカティ大佐(昇進して准将らしい)と結婚できて、本当におめでとう!

と、真っ先にそこに食いつく自分、これでいいのか。
最終回の感想なのに。
でも!
やっぱりコーラ生存と結婚は心底から嬉しかった。
きっとこれからもコーラはカティを守って行くんだろうな。
でも家事担当もコーラなんだろうな。
ああ、本当によかった。
ところで、パトリック・マネキンなの? カティ・コーラサワーなの?
どっちにしても微妙だ……。

さて、他のもろもろのこと。

正直、思ったよりもずっと戦闘シーンが短くて、
「えっ? これで終わりなの?」
と一瞬あっけにとられた。
一期みたいに、アレハンドロの後に真のラスボスが、ということもなく、ブシドーの再登場もないまま、日常に移行。
刹那は死んだのか!?
と思いきや、ちゃんと最後までいてくれた。
ということは、リボンズは死んだのか……。
それにしても、エクシアで来るとは思わなかった。
どうやって間に合わせたんだろう。一度トレミーに帰還したのだとしたら、すごい早業だ。

アレルヤはマイスターを辞めた様子。
アレルヤが罪の償いを望むのはいい流れだと思うが……登山でもして精神力をつけるのか?
トレミーを降りたのは、もうこれ以上マリーを戦いに巻き込まないためでもあるんだろうな。
そういう生き様がとてもアレルヤらしい。
だけど、戦闘で活躍していたのは主にハレルヤだったような?
最後の最後ぐらいは、「ハレルヤがいなくても!」で全力を尽くしてほしかった気もする。
でも、マリーを思えば自分の命だって危険に晒すわけにはいかなかった、とも言える(今さらだけど)。

ティエリアは、もうヴェーダの一部になってしまった模様。
登場場面がすべて全裸というのは、私の心臓によくなかったです。
でも、来るべき対話(異種との邂逅?)のためにずっとあそこに居続けるというのも、悪くない。
一期ではあれだけ高飛車だったのに、二期ですごく視野が広がった故のスタンスを選んだとも思える。
ティエリアが見守る世界が、美しいものであるように祈ってしまう。
だって、ティエリアはもう刹那やライルと一緒には戦えないのだから。
でもヴェーダと融合しているということは、バックアップは可能なのかな。
そういう意味では、ティエリアとの離別もない。
よかった。ティエリアが孤独じゃなくて、本当によかった。

で、ロックオン。
前回、「ガンダムマイスターとして生きる」と言った時、「もう今後のソレスタル・ビーイングの活動はないのでは?」などと疑問に思ったけれど、まだまだ戦うのか。
スメラギさん、「ラストミッション」って言ったのに。あれは対アロウズで、ということなのか。
そして、ディランディ家の墓の隣にアニューの墓石が。
ニールの時もそう思ったんだけど、遺体を回収したのだろうか。
まあ、中が空でもいい。
アニューを待たせると言ったライルが、ようやく「ロックオン」という感じがした。
覚悟を決めるって、大変なこと。
しかし、今でもロックオンと呼ばずライルと表記してしまう自分がいる。すみません。

ソレスタル・ビーイングは抑止力として今後も展開していくらしい。
結局、「分かり合う」ということの意味がいまひとつはっきりしないままだけれど、これはこれでいいかな、と思った。
マリナの手紙で。
同じものを求めているのに、道は全然違う。
分かり合えていても、選ぶものは違う。
それでいいと思う。違いを認めることこそ大事なのだと。
国に戻ったマリナが毅然としていて、手紙の内容にもとても共感できて、涙が出た。
だって、またあの歌がかかるから……。
マリナには、刹那と再会することがなくても、彼女らしく生きていってほしい。
それは刹那にも言えること。
これが正しいかそうじゃないのか、分からないけれど、自分で決めたことを貫いていこうとする姿は清々しい。

沙慈とルイスも幸せになれそう。
ルイスの細胞異常が治ったのも何より。
結局、2人の選んだことは、戦うことではなく、考えていくこと。
世界中のすべての人が同じことをするのではなくて、違う方向から平和へとアプローチしていくという結論は好きだ。
クラウスもこれで完全にいいとは認めていないようだし、戦争根絶が難しくても、人々の意識に何かを訴えていこうとすることができる自由が嬉しい。
アンドレイは、実は前回の「だったら何故(セルゲイ大佐は)言ってくれなかったんだ! 言ってくれなきゃ分からないじゃないか」というセリフに彼なりの深い孤独と苦悩を感じてしまっていたので、今後の人生を悔やみつつ、自分を大事にできる道を探していってほしい。
「母さん、父さんのように」と言ってくれたのも、嬉しかった。

……で、ブシ……グラハムはどうしたんだ?
一瞬だけ姿を現したけど、何もしなくていいのか?
戦い疲れたか?
……まあ、またグラハムがラスボスというのはちょっとやりすぎだろうと思うので、ガンダムへの執着も武士道の極みも忘れて穏やかに生きるのもアリだろう。

色々と謎に思うことも多いし、最終回にしてはわりとゆるやかな流れだったので、ちょっとだけ不満も残っている。
でも、これはこれでいい終わり方だったな、と思う。
そしてまた1から始めていく、という反復が、妙に愛しい。
本当に映画にもなるようだし、まだまだガンダム00、大好きだ。
分かり合うとか、変革するとか、どうにも理解しきれないけれど、問題と謎を山のように置いていってくれた彼らに感謝。
だって、私も考えていたいから。



at 17:34│Comments(6)TrackBack(3)ガンダム00 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd Season 第25話 「再生」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2009年03月30日 03:33
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]クチコミを見る ☆<3/26更新>前回(第24話 「BEYOND」)の感想をポットキャストにて収録! 「GN粒子が便利設定過ぎる」、「ビリーの自己欺瞞」、「最終回はどうなる?」等、アニメブロガーが集まりあれこれと真剣に語...
2. 機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第25話「再生」  [ アニメのストーリーと感想 ]   2009年04月02日 22:21
 ソレスタルビーイングに近づこうとするダブルオーライザーは、レグナントと対峙した。これ以上パイロットのルイスと戦いたくない沙慈は、未来は戦いから産み出されないと訴えた。しかしその訴えは届かず逆に未来や家族を奪ったのが、ソレスタルビーイングだと更なる敵意...
3. さあ?ってと、少しデンジャラスな意味を込めた動画を貼っちゃいま...  [ シュージローのマイルーム2号店 ]   2009年04月04日 16:08
 リボンズ VS 刹那  いわば、蒼月 昇 VS 宮野真守の代理戦争!!  やっとの事で、ガンダムOO2期にわたっての最後の戦いがスタートしました…。 ...

この記事へのコメント

1. Posted by シャシャ   2009年03月29日 23:15
ガンダムのわりにハッピーエンドで終わって物足りない感じもするけど、
劇場版も決定だしこれでいいのだと思う。
劇場版、楽しみですねって公開は来年ですか...。
でもしばらく、00で遊べる気がします。
アレルヤがまたCBにいないのは、今は仕方ないなと思う。今は。
カティとコーラの結婚、こんなことってあるんですね~。お祝いしなきゃ。
2. Posted by ユキッコ   2009年03月30日 12:30
コーラ、生きてましたねぇ~!!
どこかでコーラが生きていてカティと結婚というのは見ていたんですけど、半信半疑でした。
本当だったなんて。
メインじゃないのに結婚式まであげちゃって、贅沢だなぁ{笑顔}
アレルヤ&マリーは何で登山・・・・!?
いつの間にやらロックオンからアレルヤファンになってしまった私としては、アレルヤをもう見れないのかもと思うと寂しいですけど。
マリーと幸せならいいや{ハート}
映画でCBに復活なんて可能性もナシではないと思いますし。
全体的には平和に終わってしまって正直拍子抜けしちゃいました。
みんな無事ってのを望んでいたはずなのに、おかしいなぁ(笑)
なんていうか、あまりに穏やか過ぎて感情を揺さぶられるようなものがなかったと言うか・・・映画があるからなのかなぁ。
思っていたよりリボンズ達も弱かったですし。
結局のところ、ヴェーダを奪還した段階でCBの勝利は決まっていたようなものなんでしょうね。
来るべき対話は映画で見られそう。
是非是非、形を成したティエリアが見てみたいものです。
映画は絶対観に行きます!!
でも確実に一人で・・・でしょうけど。
シネコンじゃなかったら2回連続で見ちゃおうかなぁ。
それにしても今回の戦闘シーンは速すぎて目がついて行かなかったです{困った}
もう、何がなにやら(笑)
3. Posted by ひのき   2009年04月01日 11:07
>シャシャさん
ということは、劇場版はバッドエンドということでしょうか?
うわー、それは鬱ですねえ…でもそれもいいかも。
来年までまだ大分ありますが、おかげさまで妄想し甲斐があるというものです。
さあシャシャさんもご一緒に(笑)
アレルヤは今はいないんですね。今は。
劇場版の最初の30分ぐらいがアレルヤ山で遭難→救出作戦とかにならなければいいですが…。
カティとコーラの結婚はもう運命ですよ!
花嫁のブーケと受け取ったのはソーマだと思いたい…でも登山してるからなあ。
4. Posted by ひのき   2009年04月01日 11:16
>ユキッコさん
コーラが生きていたのが何より嬉しいです!
結婚するとまでは思ってませんでしたが、ほわーと癒されました。
アレルヤとマリーのあれは巡礼のようですね。
巡礼…2人はキリスト教徒だったのか! まあ、名前からしてそうであっても不自然ではないですね。
あれ? ユキッコさん、ロックオン好きだったんですか?
ロックオン派は色々複雑なストーリー展開でしたよね…私は最初から徹頭徹尾テェイリア派だったのでもやもやを味わうことなくすみました(笑)
きっとアレルヤはハレルヤと一緒に映画で大活躍してくれると思いますよ。ドンマイ!
確かに平和すぎる感じはしましたよね。
それはそれでいいんですが、映画を前提にした終わりだとしたらちょっと不満です。
映画は観に行かない人もいるでしょうし、TVはTVとして終わらせてほしかったというか…。
でもこの終わり、私は嫌いじゃないです。
ハッピーエンドでもなく、先があると妄想させてくれる終わりは好きです。
来るべき対話…映画で出てくるでしょうか?
だとしたらティエリア大活躍です!
そうしてほしい!
でも肉体復活とかは…うーん、複雑です。
そうなってほしいような、ヴェーダのままでいてほしいような…。
映画は初日の初回に観に行くと思います。私も1人で(笑)
2回観るかは、内容によりますよね。いい出来になるといいなあ…。
確かに今回の戦闘は目まぐるしかったです。
ちょっと落ち着けー!
そんなに参加してないんだから落ち着け!みたいな(笑)
5. Posted by 夕鷹   2009年04月07日 00:20
ちょっと遅くなりましたが…コーラ生きてた~(笑)
つか、ラッセの方が不死身と言うのに相応しいと思ってしまったのは私だけ?(^_^;
雑魚だったら軽く4回位死んでますよ、あの人。
ブシドーは劇場版までお預けですね、明らかに。
全然諦めてないもんね、アレは。
最後の新大統領演説の時にクラウスやシーリンの他にも後ろになんか気になる人が居たんだけど…アレも劇場版の絡みか(^_^;
戦略だと判っていても見に行ってしまう自分に敗北感…まあ、2ndは面白かったので、そのテイストでいってくれれば面白くなるかもしれないしなー(笑)
6. Posted by ひのき   2009年04月11日 15:10
>夕鷹さん
こちらもレス返しが遅れてしまい、ごめんなさい。
コーラ生きてましたねえ。
何事もなかったかのように。平然と。
確かにラッセの方が何かとやばかったですね。
彼が生き残ったのには驚きました。
ブシドーはブシドーとしではなく、グラハム・エーカーとして出てきてほしいです。
ブシドーのネタはもうないだろうと(笑)
腹切りもカタギリ司令に持って行かれましたしね。
そうそう! クラウスやシーリンの裏に気になる面々が…イノベイターっぽい人々がちらほら見えましたよね。
劇場版でどう扱われるか、イノベイター。
戦略に躍らせられてますよねえ…でも観に行ってしまいますよ!
セカンドのテイストで、ですか…うーん、それは映画版としては難しいかも?
一期の方が映画っぽかった気がします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字