2009年04月01日

ガンダム00(2nd) セリフログ 第25話(前半)

ついに最後のセリフログ。
思えば長い道のりだった……。
これで終わりかと思うと、ちょっとさみしいなあ。

では、最後のセリフログ、前半からどうぞ。






刹那「そこか!」


刹那『リボンズ・アルマーク!』


リボンズ「感謝してほしいな。
     君がその力を手に入れたのは、
     僕のおかげなんだよ?」


リボンズ『刹那・F・セイエイ』


刹那「俺を救い、
   俺を導き、
   そして今また、
   俺の前で
   神を気取るつもりか!」


リボンズ『いいや。
     神そのものだよ』

刹那『そこまで
   人類を支配したいのか!』

リボンズ『そうしなければ
     人類は戦いをやめられず、
     滅びてしまう』


リボンズ『救世主なんだよ、
     僕は』

刹那『共に歩む気はないと』


刹那「分かり合う気はないのか」


リボンズ「人間が自分達の都合で
     動物達を管理しているのと一緒さ。
     それに」


リボンズ『純粋種となった君に打ち勝てば、
     僕の有用性は不動のものとなる』


刹那「あっ!
   そのエゴが世界を歪ませる。
   貴様が行った再生を」


刹那『この俺が破壊する!』


リボンズ『いい覚悟だ!』


刹那『ダブルオー・ライザー!』


リボンズ『リボンズ・キャノン!』


刹那『刹那・F・セイエイ!』



リボンズ「リボンズ・アルマーク!」


刹那『出る!』


リボンズ『行く!』



OP



#25
再生



フェルト「ヴェーダからの通信です!」


スメラギ「ヴェーダから!?」
フェルト「はい。
     バックアップから外れている新型機が、
     ダブルオーライザーと交戦していると」
スメラギ「新型機ですって!?」
フェルト、スメラギ「ああっ」
ラッセ「トレミーを出すぞ」
ミレイナ「アイオンさん!」
スメラギ「無事だったのね」
ラッセ「……何とかな」
スメラギ「ああっ」
ラッセ「刹那を援護する!」
スメラギ「うん。
     イアン。
     攻撃の準備を」


イアン「了解した」


アレルヤ「……」
スメラギ『アレルヤ。
     出られる?』
アレルヤ「行きます」



ハロ「トレミーヨリツウシン、
   トレミーヨリツウシン」
ライル「……。
    あいよ」



ティエリア(刹那……)



刹那「この程度の砲撃!
   チャージまで」


刹那「ああっ!」


刹那「ここは、俺の距離だ!」


刹那「うっ、くっ!
   何!?」


刹那「あ……あれは……!」


刹那「……ガンダム!」


リボンズ『ツインドライブシステムが
     自分だけのものと思っては困るな』


リボンズ「そうとも。
     この機体こそ」


リボンズ『人類を導くガンダムだ!』


刹那「ううっ、くうっ!」


リボンズ『遅い!』


刹那「ううっ!
   あ!」


リボンズ「ふっ」


刹那「ちっ。
   あっ」


刹那「ああっ!
   く、くうっ。
   何!?」


リヴァイヴ「援護しますよ、
      リボンズ・アルマーク」


リボンズ「ふっ。
     余計なことを」


ヒリング「ヴェーダのバックアップがなくたって!」


ヒリング『人間なんかに!』


刹那「くうっ!
   はあっ!」



ライル『刹那!』


刹那「ロックオン!
   アレルヤ!」


ハレルヤ「ははは! はははは!
     超兵、
     バック行こうぜ!」?
アレルヤ「戦うさ、
     僕達の行動に、
     未来がかかっている!」


ヒリング「こいつ!」



リヴァイヴ「そんな機体で、
      この私と張り合おうなど!」


リヴァイヴ「うっ、くそっ!」


ライル「システムの助けがなきゃ、
    イノベイターもその程度かよ!」



ハレルヤ「ははは!
     おらあ!」

ヒリング「ああ!」

ハレルヤ「ヴェーダに依存しっぱなしで、
     俺達に勝てるわけねえだろ!」

ヒリング「た、助けて!
     リボンズ!」



リヴァイヴ「ヒリング!」

リヴァイヴ「ちっ!」

ハレルヤ「おわあっ!」

ハレルヤ「や、野郎!」




リボンズ「やるじゃないか。
     ん?」


リボンズ「そんな攻撃!」



ミレイナ「きゃあ!」
フェルト「ううっ!
     エンジン部に直撃!
     航行が!」
スメラギ「スモークを発射して!」
ラッセ「けどよ、刹那も!」
スメラギ「撃つのよ!」



リボンズ「目くらましなど」



スメラギ「今の刹那なら」



刹那「うおーっ!!」


リボンズ「あっ」


刹那「ううーっ!」


リボンズ「頂く!」


リボンズ「あっ!
     こんな力……!」


リボンズ『純粋種の力か!』



ライル「うわっ!
    くっ。
    ハロ、トランザムは?」
ハロ「1セコンドカノウ、1セコンドカノウ」
ライル「ちっ」


リヴァイヴ「もらった!」


リヴァイヴ「うっ!」


リヴァイヴ「ううっ!」


ライル「これが……、
    ソレスタル・ビーイングだ。
    なあ、アニュー……」



フェルト「ケルディム、
     敵機を撃破。
     残る敵は
     ガンダムタイプだけです」
スメラギ「……。
     イアン、聞こえる?」
イアン『どうした?』
スメラギ「R2の射出準備をお願い」
イアン『おいおい、
    予備のドライブは』
スメラギ「やるのよ!」




リボンズ『君のその力』


リボンズ「オリジナルの
     GNドライブの恩恵があればこそだ!」


リボンズ「返してもらうぞ!」


刹那『誰が!』



リボンズ「そうさ。
     そうでなければ
     僕が作られた意義がない。
     存在する意味を!」
ティエリア(違う!)
リボンズ「ティエリア・アーデ!
     ヴェーダを使って!」
ティエリア(人類を導くのではなく、
      人類と共に、
      未来を作る)


ティエリア(それが、
      僕達イノベイドの、
      あるべき道だ)
リボンズ「下等な人類などと一緒に!」


ティエリア(そうやって人を見下しすぎるから、
      分かり合えない!)


リボンズ「その気はないよ!」



刹那「あっ!」


刹那『トランザム!』


刹那「させるか!」



リボンズ「量子化しただと!?
     うっ!」


刹那「ううーっ!」

リボンズ「このおーっ!」




アイキャッチ




at 22:19│Comments(0)TrackBack(0)ガンダム00 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字