2010年10月22日

ハロウィンよりもクリスマスよりも

今さらながらに、「エヴァ破」のDVDを観たい。
発売日にアマゾンさんからお迎えして以来、体調の関係で観ないまま放置しているのだ。

が、00でアニメ漬け(と言っても同じ映画を週1でヘビロテ)の現在、いよいよ「エヴァ破」を観る時が来たと思う。
それはもう、ガラかめで市役所に勤める彫刻師(桜小路君が役作りでお世話になった人)が時間を経て仏の姿を探り、「掘り出しましょう」と決意した、まさにその感覚にも似て。
山岸涼子のバレエマンガで、白鳥ばかりを踊って極めた証に賞まで得たバレリーナがついに黒鳥を踊る決意を固めたかの様に。

エヴァ破って何なの……!?
どんな内容なの?
気になる!!





でも、劇場版00に没入している真っ最中にエヴァを観るって少し違うような気もするというか、集中力がますます散漫になる気がする。
劇場版00のDVD発売が早くも今年のクリスマスと聞いたので、もう映画館に通わなくてもいいかな……と思いつつ、それでも、だとしても!

祭は祭。
華やいだそれの後、静まる萌えを背に汚れもないまま道を探しながらエヴァ破を観るのが我々のあるべき姿ではないだろうか。ここではないどこかではないだろうか。アイデンティティでコミュニケーションではないだろうか。
という訳なので、今しばしエヴァ破は見えるところに飾っておいて、「魔女の宅急便」(魔女っ子カティ)か絶望先生OADでも鑑賞しておこうかと思う。




drecom_neverworld at 21:11│Comments(0)TrackBack(0)エヴァンゲリオン | ガンダム00

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字