2010年11月14日

「ひぐらしのなく頃に」とグリム童話

勢いで「閉ざされた世界」と「クオリア」のCDを買ってしまった。
映画館では大して気にしていなかったのに、こうやって改めて聞くとあの場面が蘇って来るから不思議だ。特に「閉ざされた世界」はライルの黒縁眼鏡ソングだなあとか……。

と、本当にまだまだ劇場版00については語りたい事が山のようにある。DVDも早々と予約をぽちっとしてしまったが、未だもって大スクリーンイメージ現役だ。
が、萌えや関心はエルスに勝るとも劣らない膨大な情報とイメージを伴って日々私の脳内に侵入し、情動を揺り動かす。それらについても順次書き留めて行きたいのだ。 

というわけで、今日は「ひぐらしのなく頃に」のこと。
先週、「解」まで観終えた。理解できたかどうかはともかく、最終回まで観た。
ああ、セリフを書き留めていなければ、50話も何のそののペースで行けるものなのね……とちょっと遠い目になりつつ、感想は一言で述べれば「おもしろかった」。
それほど凝ったつくりではないと思うのだが、勢いがあるというか、ある意味ベタな設定とテーマをうまく料理して深みのある味わいを抽出したという印象が強い。 

ちょうどこの鑑賞時期と前後して、野村ヒロシ著『グリム童話 子どもに聞かせてよいか?』を読んでいた。
そうしたらあら不思議。「ひぐらし」を思わせる内容がちょこちょこと見受けられる。
もしや「ひぐらし」は現代のグリム童話なのか?
という埒も明かない考察をひとつ。

 

「ひぐらし」の詳細な内容については、有名であるだろうし、そこまで書いたら相当な長文になってしまうので割愛させて頂き、とりあえず概要のみ。

鬼隠し編/圭一が疑心暗鬼と被害妄想?に陥り、レナと魅音を殺害。圭一も死亡。
綿流し編/魅音の双子の姉妹詩音が園崎家の鬼に取り付かれ、敵対者を攻撃、皆殺し。
崇殺し編/沙都子が養父から虐待を受けている。圭一はそれを救うべく養父を殺害。ほぼ全編において圭一は非常な妄想状態にある。
暇潰し編/幼児期の梨花と雛見沢部外者公安刑事・赤坂とのエピソード。
目明し編/詩音の視点からの綿流し編。
罪滅し編/レナが父親をたぶらかす女性を殺害。また、オヤシロ様の祟りは寄生虫による病態であると思い込み、村を救うべく学校を占拠。圭一と奇跡を起こす。


解:
サイカイ・厄醒し編/アニメオリジナル。大人になったレナ(学校占拠の記憶あり)登場。梨花によるそれまでのエピソードの補完。
皆殺し編/梨花と羽入がほぼ主人公。奇跡を起こすべくそれまでの世界の記憶を頼りに物事の流れを変えて行く。鷹野三四が黒幕であることが明らかになる。
祭囃し編/羽入が転校して来る。最終決戦。昭和58年6月を超える為に一丸となって戦い、決着をつける。


大体が記憶が頼りなので、いろいろ間違っているはず。すみません。
ちなみに原作のゲームはほとんどプレイしていないので、ここではアニメバージョンのみについて書かせて貰います。

「ひぐらし」は要するに、パラレルワールド……というか、梨花が羽入と一緒に何度も雛見沢の終焉を迎える物語で、ただ違うのは、その経過だけ。必ず村は消滅するし、梨花は無惨な死を遂げることになる。
が、その絶対に動かせそうになり運命を覆すために、少しずつ変化を積み重ね、奇跡を実現させる。それにはまず、奇跡が起こるという希望が必要だった。それを可能にしたのが雛見沢とはそもそも縁もゆかりもない圭一であった。

「運命は変えられる」というこの使い古された主張の根幹にあるのは、「秘密を抱え込まない」「心を開く」という他者との関わり方であり、それには信頼と、変化を恐れない強さがなければいけない。心を開いてもらった結果の変化が、良いことばかりとは限らないから。
これらを雛見沢での日常に取り込むことによって、梨花は昭和58年7月を迎えることができたのだ。

さて、前述の『グリム童話~』との関連について。
これも完全に理解した訳ではないので以下、相変わらずの苦しい妄想になることを、あらかじめお断りしておきたい。

まず、「ひぐらし」との関連は、グリム童話は意外と残虐だというそろそろお腹いっぱいの定説で云々するつもりはない。結果的に両方とも猟奇的な描写には事欠かないが、それも必要性あってのことである。
では、何が関わるかというと、「グリム童話は封建的である」という説だ。王様がいて、庶民がいる。その庶民の1人が魔法や知恵によって王様と結ばれてハッピーエンド。というお定まりの運びにも言えることだが、強者と弱者の変化のない関係性が根底にあることを忘れてはならない。
だから、王様と結婚して、または王様になってめでたしめでたし、というグリム童話は、社会的構造の揺るぎない強固さを受け入れるものであり、極めて消極的であるばかりか、現実逃避でさえある。という見方があるそうだ。
しかし、逆に、そうした庶民の諦念が苦し紛れに生み出す憧れこそが童話を支えているという視点も可能なのだ。「むかしむかしあるところに」の「むかしむかし」は、実は「こうなってほしい未来」の擬態である。
「むかしむかしあるところに貧しい娘がいました。(物語の進行)そうしてみんないつまでもしあわせに暮らしました。死んでいなければ、今も生きています」(この結び方は日本ではあまり馴染みがないが、原文のテキストでは多用されているらしい) 
今も生きています、ということは、今、自分が生きているうちに幸せになりたいし、それが叶う社会が変わらなければならない、という庶民の本音に他ならない。いつまでも幸せに暮らしました、というのも、色々あっても基本的には幸福が長続きするどころか、死ぬまで連続して幸せな日常を贈りたいという願望を表している。
そして童話というのは、現実を投影してはいても、最大の構成要素は空想である。空想なくして童話は成立しない。この空想について著者はフロイトの一文を引用している。いわく、満たされない願望こそ空想の原動力であるという説だが、フロイトなので最終的にその願望は性的なものということになる。 が、説得力はあるのだ。それに対する学術的な反論が提唱されてはいても、この部分だけは事実だろうと思う。そして空想は極めて自由な性質を有しているので、現実には起こりえない事態も容易に発生する。たとえばファンタジー要素などがそれである。不可能なことが可能になる、これも抑圧されて生きていかざるを得ない封建制度における庶民の尽きない憧れそのものである。
つまり、グリム童話を封建的であると批判するならば、同時に、封建的であることの意識が明白であるが故に自由な生活と未来への可能性もしっかりと描かれている、ということも認めなければならない。童話というのは昔話というカテゴリに分類されるだろうが、本当は未来の話をしていると言えないだろうか。もちろん、当時の人にとっての未来であって、今私たちがいるここが、そこだ。日々がばら色一色のユートピアではないが、かつて彼らが切望した自由や権利は、充分にあるだろう。

以上の話を踏まえて「ひぐらし」を観ると、とりあえず雛見沢は田舎である。オヤシロ様の祟りを受容する人々は先祖返りさながらであり、統治者の絶対的な権力による支配は付け入る隙がないかのように見える。権力者に逆らう者は徹底的に疎まれる。相手が子どもであろうと容赦しない。義父(まま父)に虐待される子どもがいても権力絡みが尾を引いている為、介入は困難であり、無視される。村を上げてのネグレクトはまさに村八分だ。 
子どもたちの仕事は、この村ではまず勉強である。だから学校の場面が多い。様々な展開や決定は学校で起こり、奇跡さえもその屋根の上で起こる。権力者の娘は学校においてもリーダー格を担っている。そして子どもたちが楽しみにしている綿流しのお祭りは、どうやらこの村で唯一の公的なイベントらしい。その由来は幼い頃にはぼかされて語られるが、やがて大人になればこの本来の土壌に染まり、因襲に従うことを良しとし、お祭りは娯楽と同時に信仰告白ともなって、1年に1回行われるというレベルではなくなる。権力者が権力者であるのは何故かという素朴な疑問を持つことは禁忌であると悟って、立派な雛見沢村民となる。

誰もこの村の変化を望んでいないかのように見える。梨花でさえ、繰り返される惨劇にうんざりして、諦念の境地に至ってしまう。雛見沢病という要素があるにしても、「村から出る」という発想や将来の展望がまるでない。
これだけだと雛見沢は封建的である、と、これで終わってしまう。しかしグリム童話が刊行するに従って森林から都市へと人の意識を移行させた自然な流れと同様に、だが、それとは反対に、都市から村への転校生が現れる(そもそも元凶とも言える鷹野三四が都市から来た人間であるが)。
彼の村への馴染み方ひとつで、物事の様相が変化して行く。噂が風のように村全体を駆け抜けて行く村のならわしを無視して、悩みは打ち明け、相談しあおうと提案できる。逆説めくが、圭一が村に馴染まなければ馴染まないほど、事態は良い選択肢を得ていく。彼が無知であるおかげで、最初はぞの自由奔放な振る舞いに目を留め、自然な発想(しかし実は都市的発想)に惹かれ、ここではない場所での、今とは違う自分を思い描ける希望を求めるようになる人々(たとえば、梨花は、「成長して、大きくなって、ハシゴを降りる覚束ない足取りを越える」という現実的な望みを持つようになる)。
要するに「しあわせに暮らす」ことを夢みることが可能になるのだ。このまま、ではなく、成長と変化を、自分だけでなく、環境も共に、と思えるようになる、それだけでも充分に奇跡なのかもしれない。

「ひぐらし」は、だから、過去を繰り返す梨花の絶望の果てにある希望の物語である。これはもはや自明のことであろう。ただ、それだけでなく、何かしらの寓話でもあると思うし、童話的に鑑賞するにも充分に堪えるのではないか(空想を凌駕した圭一らの妄想や、超常的なオーバーアクションなども見逃せない)。様々なメタファはどれも一考に値する。
この世界での呪文は「嘘だ!」だったり「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」だったりと悲痛であるのだが、奇跡の起こし方を知ったてからは、受動的な魔法に頼るのではなく、知恵と力(権力も含む)を結集することにすべてを賭けるようになる。ひたむきな強さをもって行動することで、彼らは常に祈ってもいる。その両立はひとつの成熟の証でもあるだろう。ひとつひとつのステップをより確実に、必然的なものと認識して、一心に未来を目指し、そして到達する。本当に繰り返すべきことは、こうした所作なのだろう。

ラストで、成長した梨花が1人で登場するのは、これが現代の童話だからであると言える。「みんなでずっと一緒に仲良くしていきたい」というのはメインキャラクターの共通した願いであったが、大人になって自由に選択してける未来では、全員が常につながっていなくても、大丈夫なのだ。それは幼い三四が「生きたいか、死にたいか」と聞かれて、「生きたいけれど、友達が(家に)いないなら、死にたい」と語る場面からも窺える。彼女はまだ子どもで、そして、陳腐なセリフだが、無限の可能性に満ちている。
三四が集める旗は、彼女が行きたい場所、なりたい自分の数を表しているのかもしれない。その数は、グリム童話の数をも凌いでしまうほどの天文学的数字に上るかもしれない。だが本当に選べるのは、たった1つ。でも、自分で選べる、自由な1つの未来なのだ。空想を基にするグリム童話と、「ひぐらし」としての現実との違いは、そこだけではないかと思う。



蛇足ながら、参考にさせて頂いた本、『グリム童話 子どもに聞かせてよいか?』、おもしろいです。オススメです。
副題に対する著者の結論はシンプルの極みで、実に清々しい。
 

drecom_neverworld at 17:19│Comments(0)TrackBack(0)アニメ | マンガ関連

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字