ズゴッ君ざんげ室

2006年06月18日

ズゴッ君ざんげ室 新・仲間編

私「はぁ~、明日から本格的に仕事かぁ。
  じゃ、今日はまったりと……ん?」

lumpzugo.jpg
続きを読む

at 12:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年02月10日

ズゴッ君ざんげ室 直撃オフ探索任務編(後編)

私「よく考えてみれば、これレイ大尉のブログ読んでない人には、
   何がなんだか、ですよね」

ズゴッ君「まあ、あちらを読んでいない者はこの記事を読むこともないだろう。
       が、いちおう事情を説明しておいた方がいいかもしれんな」

私「では。
   2月11日にアキバにて直撃のオフ会が行われます。
   その会場を決めるため、1月某日、4人の探索隊が派遣されました。
   メンバーはレイ大尉Tanakaさん凱機知さん、そして私でした。
   その日の思い出については、大尉のブログでもアップされています。
   今回の私の記事は、その大尉の記事「オフ会への道」の Girl's side というわけで……」

ズゴッ君「誰が Girl だというのだ?」

私「……と、とにかく前編を読んでから、こちらの後編をお読みください!」

ズゴッ君「これから君の正体がどんどん暴かれていくな」 続きを読む

at 17:57|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

ズゴッ君ざんげ室 直撃オフ探索任務編(前編)

私「聞いてアロエリ~ナ~ ちょっと言いにくいんだっけっど
   聞いてアロエリ~ナ~ アキバでツンデレっはイッヤなの~
   聞いてくれてありがとー アロエリーナ♪」

ズゴッ君「……何を部屋のすみにうずくまって、
       低い暗い声でぶつぶつ言っているのだ?」

私「ああ、ズゴッ君……ふ、ズゴッ君に相談するぐらいなら、
   いもしないアロエリーナに言った方がマシなんすよ」

ズゴッ君「君はサボテンでさえ枯らすほどの園芸名人だからな。
       だが安心するがいい。
       私は材質上、腐ることはひょっとしてあるとしても枯れはしない」

私「だからあなたに話せと? そんなことをして何になります?」

ズゴッ君「カテゴリの存在意義をなくすような発言はやめろ。
       仮想アロエリーナに語りかけるよりはよほど建設的な行為だろう」

私「……そうですね……ネタにもなるし……。
   ふ……はははっ……
   はははははは!!!!

ズゴッ君「!?」

私「これはいい……。
   何も悲観することはないのよね。
   これはむこうも何もつかんでいない証拠よ」

ズゴッ君「これ?」

私「具体的にはこれこれですね」

ズゴッ君「ああ、私もその場にいたから読まずとも全貌はわかっている」

私「表面上はなかよしのブログ仲間。
   裏では『Sなのか?』『ツンデレなのか?』の探りあい。
   おもしろいよレイ大尉。
   あなたが私をいじくってくるならこころよく……
   ……ってズゴッ君あの日アキバにいたんですか!?」 続きを読む

at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)